カテゴリ:アートブック編集会議( 16 )

artbook2 活版印刷_1月

b0072947_20241138.jpgたちどまりたい風景はありますか?

ここは、京都市左京区にある活版印刷所、加藤第一印刷さん。活版印刷という種類の印刷があることは知っていましたが、実際どのようなものかよく知らないでいました。アートブック創刊号の発行が縁で知り合った方から教えていただき、興味のある人たちと伺い、印刷物の制作を通じ、いろいろなことを学ばせていただきました。
b0072947_2024211.jpg次号のアートブックで、どこかのページや付録に活版印刷が使えないか思案しています。冒頭文の活字を拾ってみることにしました。2日がかりで、活版のケースから5号の文字を拾うことができました。右側の小さな文字はルビ用です。肉眼でもみれるかみれないかの大きさで、虫眼鏡が必要です。

※号とは、活字の大きさの単位です。
b0072947_20242936.jpgレイアウトのプラニングのための手書きの原稿です。普段はパソコンで入稿のための原稿を作ることが多いので、アナログな方法でも伝えられることは新鮮な体験でした。
b0072947_20243873.jpg文選工職人の山田信雄さんに教えていただき、組版にも挑戦させていただきました。長さや厚さの違う木インテル、様々な大きさのコミを組み合わせ組んでいきます。小さなルビが倒れそうになったりなど・・頭と手と根気と集中力のいる作業です。最後は、見事な手さばきとスピードで職人さんが仕上げてくださいました。
b0072947_20244929.jpg結局、大きな2号の文字は、本文の上に配置することになりました。

職人さんの作業を見たり、お話を聞いていると、何か忘れかけている人間の手や思考回路の可能性を思い出すような瞬間に出会います。




b0072947_20245885.jpg印刷機にセットするため器具に版を取り付けます。ここで、印刷の位置あわせの調整も行われます。

出来上がったものは、持てないほどものすごく重いです。しかし、それを85歳の活版印刷職人さん、加藤博さんが軽々と何往復も調整のため持ち運ばれます。
b0072947_202554.jpg紙の厚さが印刷用紙も含め1ミリになるように調整します。紙の厚さが変わるたび何度も行われます。今回は、見出しの文章により圧がかかるように透けるほど薄い用紙を一枚挟み調整されました。
b0072947_20251353.jpgインク調整、機械の調整、圧の調整・・・機械のまわりをてきぱきと動き回られながら、ベストな一枚になるまで調整が続きます。

このハイデルベルグ印刷機、プラテンは、機関車のような本当に面白い動きをします。
b0072947_20252151.jpg本紙の前に校正刷りが行われます。活版ならではの、文字のかけやさかさま文字、組み違いなどの間違いを発見するのも面白い機会です。

2号の文字の欠けは、阪神淡路大震災のときの被害で、多くの活版にできた傷が原因だそうです。震災の記憶がこんな小さな文字ひとつひとつに残っているのです。


b0072947_20253145.jpg美しく力強い印刷が完成しました。

ここでは、職人さんの大半が定年を過ぎ、仕事も以前ほど激減し、廃業か存続かという危機にあります。しかし、活版の魅力に魅せられた人々や学びたい若者が時折、訪れます。

アートブック2号でもこの機会に活版のページを設けてはどうでしょうか?



※追記

2012年4月20日に加藤第一印刷さんの工場は惜しまれつつ閉鎖されました。工場の建物、印刷機、活字などは、売却されたりで方々へ・・そして残った多くの活字や版などは廃棄処分となりました。最後の1ヶ月は、皮肉なことに多くの仕事が舞い込み、休日返上、遅い時間まで印刷機は動き続けました。
京都新聞http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20120407000073、
産経新聞http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2012sya-ing/kaxtupan/
、読売テレビなどのマスコミの取材も相次ぎありました。訪れると、片付けを手伝う精華大の学生やプライベートプレスをする若者など若い世代人々にいつも出会いました。この動きがもう少し早く起これば、この場所はもっと面白い場所になっていたかもしれません。しかしこの光景を見ていると、時代の流れからは需要が減ってしまったものの中にも、今の時代ならではの、別の新たな需要があると思わずにはいられません。

大将の加藤さんは、パリ・フランス国立印刷所の「文字の母たち」という本を大切にお持ちでした。ここは、国が保護をして世界中の活字を集めてあるといいます。日本もいつかそうなれば・・それにはもっと外からの声がなければと話します。改めて65年間京都の印刷文化を支えてきた、高い技術と熱意を持った職人さんが働く場所を失ったことを本当に残念に思います。しかし、今後も語り手や指導者として活版に携わっていただけたらと願います。

2号の冒頭の文章を組んだ組版は、現在、自宅にて大切に保管しています。なんとか印刷して2号の一ページとなればと思います。京都でも、ものすごく数少ないそうですが、活版印刷をされている印刷所もあるそうです。最近、北斗社印刷所さんを教えていただきました。

加藤第一印刷さんは最後に大量の愛宕さんの『火迺要慎』(ひのようじん)のお札を印刷されていました。お札をみるとその風景を思い出します。(5月20日)

(水口記)



[PR]
by oeap | 2012-01-22 21:38 | アートブック編集会議

artbook2 Field notes_2012年1月17日

b0072947_1944248.jpg天気が良かったので撮影に出かけた際、ふと、大原野にも立ち寄ることにしました。地図は持ってこなかったけれど、真竹の竹林と石田精華園さんという植物店をみつけられたらといいなとだいたいの経路を決めて進みます。
b0072947_1945446.jpg旧野田地区の西側、山手の道から久しぶりに花の寺のほうから向かうことにしました。
b0072947_195132.jpg左手に竹林の合間から野田池が見えます。
b0072947_195918.jpgもう少し進むと右手ににそとの工事中の竹林が見えました。このあたりからずっと、花の寺まで急な登り坂が続きます。そのあとは両脇に木々の茂る急な下り坂が続きます。
b0072947_1951634.jpgあれ・・階段!

右手を眺めるとにそと工事で大きく大地が拓けていました。迂回の道も準備されていましたが、そこも階段があるようなので自転車だと通るのに少し苦労しますので、注意が必要です。
b0072947_1952316.jpg大原野神社から金蔵寺へ向かって南下すると急にこのような光景に出会いたちどまりました。
b0072947_195319.jpgこのあたりの道は高架橋になるようです。
b0072947_1954624.jpg日が暮れ寒くなってきましたので帰路に。西山の夕暮れは早いです。数年前、このあたりで撮影した夕日の沈む小塩山の風景の写真をアートブックの創刊号に載せました。気がつけば、ずいぶんと変化しました。

真竹の竹林と石田精華園さんには今日は出会えなかったのですが、大原野の大きな風景の変化をみつめる日となりました。
(水口記)

[PR]
by oeap | 2012-01-22 19:35 | アートブック編集会議

報告|ペリアン研究者畑氏 大原野来訪 2011.12.25

b0072947_16242457.jpgフランス人の女性建築家シャルロット・ペリアンの研究者、畑由起子さんとひょんな経緯で大五さんの工房でクリスマスの日に出会うこととなりました。

集まったOAPメンバー(井上・西小路・椎原・藤原・水口)と大五さんと齋藤兼次さんは、薪ストーブであたたかな工房で、畑さんのシャルロットペリアンのお話や熱い想いをお聞きしました。
b0072947_16244329.jpg畑さんによると1940年(昭和10年)のある朝、ペリアン、柳宗理氏、河井寛次朗氏がこのあたりにやってきたらしいのです。

「ペリアン??」という齋藤兼次さんと大五さんだが、畑さんの熱意に、記憶をたどり・・
b0072947_16245417.jpg候補を実際に巡ってみましょうと、兼次さんの案内のもと工房の外へ
b0072947_1625410.jpg
b0072947_16251258.jpg
b0072947_16252017.jpgもう西山は夕暮れ。ペリアンらは、どんな風にこの風景を眺めたのでしょうか?
b0072947_16252895.jpg
b0072947_16254158.jpg西山に向かって急な坂道を登ります。
b0072947_16255025.jpg
b0072947_1626018.jpgフェンスに挟まれた道。あれ!
b0072947_162678.jpgにそと建設で大きく竹林が失われ、ずいぶん風景が変わっています。
b0072947_1626155.jpgしかし、まだこの野田の地にはずっと変わらないものや今ならではの魅力もたくさんあるようです。

石垣。
b0072947_16262281.jpg井戸。
b0072947_16263078.jpg不思議なセンスのお庭。
b0072947_1626375.jpg
b0072947_1626464.jpg最後は、ペリアンや柳宗理氏や河井寛次朗氏のエピソードやそこから膨らむ様々な尽きない想像を工房で楽しくお話しました。

また偶然にもこの日、柳宗理氏の訃報を聞くことに・・

不思議な巡り合せの交差するクリスマスでした。

(水口記)



[PR]
by oeap | 2012-01-08 16:33 | アートブック編集会議

報告|OAPミーティング 柿ハウスにて 2011.12.18

b0072947_2359122.jpgついに数名のメンバーの念願だった柿ハウスでのミーティングがついに実現しました!
久々に顔を合わせる人も多く、談笑のひとときとなりました。

(参加者は井上・椎原・西小路・藤原・浅野・小埜・廣・水口の8名。)

柿ハウスのオーナー末野さんのおいしいお料理をいただきながら、2号のアイディアにつながる有意義な話し合いの機会となりました。

(水口記)

[PR]
by oeap | 2012-01-06 23:44 | アートブック編集会議

アートブック納品レポート 2011年 春

b0072947_13353980.jpgとても晴れた春の日。
b0072947_13361932.jpg印刷・製本のお世話にななった、新日本プロセス様・㈱かもがわ出版様の玄関です。

b0072947_13364481.jpgこれが、本の束のようです。

b0072947_1337056.jpg30部づつきれいに梱包されています。

b0072947_13372572.jpg綺麗に仕上がっています。

b0072947_1337596.jpg納品確認の記念撮影でした。
数日後、おまけの挟み込みにうかがいます。

(記:水口菜津子)

[PR]
by oeap | 2011-04-22 18:52 | アートブック編集会議

報告|アートブック編集会議 2010/1/10 Ari Design System

b0072947_23224318.jpg1月10日(日)朝10時〜16時半、西小路さんのAri Design Systemで、アートブック編集会議⑨が行われた。

あらためて、にしやまアートブック(「大枝・大原野〜みどりの停留所をつなぐ」)の意義が議論され、水口が用意した目次とレビューペーパーに沿って、本の構成の検討が行われた。
その結果、OAPが「たちどまりたい」と思った地域のひと・もの・場所が、それぞれ「みどりの停留所」と位置づけられ、そのつながりが地域の新しいイメージを生み出す、という基本コンセプトを確認。
また、ページ割りの大幅な見直し(約144ページ⇒約80ページ)等が行われた。

次回編集会議⑩は、1月31日(日)、9:30~
□ 場所:Ari Design System 2F(京都市西京区大枝沓掛町8-10)
□ 当日連絡先:075-331-3232 (西小路)
□ 最寄りバス停:京阪京都交通 国道沓掛口、桂坂口
□ P有り
[PR]
by oeap | 2010-01-10 23:56 | アートブック編集会議

地域別柿の食べ比べ試食会  2009/12/5(土)  大枝土蔵

「皆さま
柿のシーズンもいよいよ最盛期を迎え、大枝はいまオレンジ色に染まっております。お元気ですか。

さてこの度、アートブックの企画で、「地域別柿の食べ比べ試食会」を企画開催いたします。
柿の素人だからこそ言える、率直な感想や、新鮮なコメントを期待しております。お気軽にご参加ください。

12月5日(土) 12:30~14:00
場所:大枝土蔵
持ち物:果物ナイフ

内容:沓掛、西長、新林など、大枝の主要な柿の産地から柿を買ってきて、みんなで剥いて食べる。
取材を通してニワカに柿に詳しくなった浅野と水口の、美味しい皮の剥き方、種を切らない切り分け方などのウンチクを聴きながら、地形や育て方によって変わる柿の味を食べ比べて実感しましょう。
是非果物ナイフをご持参の上、実際に柿を剥きながら、大枝の秋を満喫しましょう。」

b0072947_1322283.jpg【以下、報告】
今日は、大枝の柿を朱色に染め上げるといわれる、山下ろしの霧に包まれた土蔵で、地域別柿の試食会を開催しました。京都新聞の山本さんも取材に来られました。
報道カメラマンの山本さんは実家が新林で、高速道路による近隣の風景の変化を記録したいということで、熱心にOAPの企画も撮影を続けられています。
アートブックにも写真を提供していただけるとのことです。
b0072947_13221414.jpg企画者の浅野真一は、服装も柿色に。
b0072947_13223184.jpg
西長の山手、下手、千丈、新林、沓掛と、地形によって味が異なるといわれる大枝の柿。
実際どれだけ違うねん、というのをOAPメンバーで実際に食べ比べてみる企画でした。
b0072947_13224836.jpg味がほとんど一緒だったらどうしよう、という主催者の心配は杞憂に終わり、集めた柿は農園ごとに全く味が異なり、サクサク系、マンゴー系という分類法も登場しました。

食べ比べてみた感想は、地域よりも農園ごとの個性が際立っており、同じ地域の畑でも、育てる人の違いで味が変わってくるのだなと思いました。
b0072947_13225948.jpg種の位置を確かめようと、スライスしてみました。
新しい食べ方?!

[PR]
by oeap | 2009-12-08 13:20 | アートブック編集会議

三鈷寺ツアー 8/6(木) 9:00 JR向日町駅集合

b0072947_1951427.jpg[終了しました]⇒報告

善峯寺経由 三鈷寺ツアー
〜ニシヤマアートブックプロジェクト
編集会議④〜
8/6(木) 9:00 JR向日町駅⇒ こちら
集合 

※車数台で向かいます。向日町~善峰寺経由で、途中、乗車希望の方は、ご連絡ください。
〜17:00解散

※途中参加歓迎!

西山から眺める京都盆地
その風景を見ながら想うあれこれ
本に残したい
「今ココ→のにしやまの魅力を語る場」

当日参加:
大枝アートプロジェクト実行委員会
tel. 090-2047-0877(ミズグチ)


⇒戻る
[PR]
by oeap | 2009-07-31 19:47 | アートブック編集会議

編集会議③ みどりのていりゅうカフェ7/27(月)

b0072947_2221581.jpg編集会議④みどりのていりゅうカフェ 【終了しました】
⇒報告


日時:7月27日(月) 15:00~18:00

場所:大枝土蔵 お隣上村家、奥の家縁側とその前の庭

参加費:100円

メニュー:
マクワウリの器のフルーツポンチ~ステビアのシロップ添え~

はっぱのお皿のみどりのクレープ~トマトジャム添え~

⇒戻る


今日の参加者は、
[PR]
by oeap | 2009-07-27 21:52 | アートブック編集会議

[最新]ニシヤマアートブックnews

大枝・大原野から発信する地域の魅力を発見する本作りの新しい試み
~ニシヤマアートブックプロジェクト~


◇月1程度の編集会議、活動、取材等から、現在のニシヤマアートブックの最新をお知らせします。◇

~最近の本作り~
ここしばらくの編集会議は、追い込みのムードです。しかし、まだまだ、この本の在り方、地域との位置づけには、あいまいな点が多くあります。文章はどうか、付随するビジュアルはどうか・・だけでなく、OAPとはどんなものなのかといった根本的な問いを、artbook編集スタッフは、それぞれ感じているのではと思います。

何か新しい価値の形を提示しようなどと考えた場合、いくつもの連なる山や谷を超えなければいけないのかもしれません。そして、最後まで大どんでん返しが起きてもなんとか対処する必要があるようです。しかし、あるとき、ぴたっとそのあるべき形で、止まるときが訪れるように思います。現在、そのときまで、翻弄されましょうという心持です。

みなさんにお届けするのが、楽しみになるような大枝・大原野の地域のひと・もの・ことの魅力を伝える本「大枝・大原野~みどりの停留所」を目指し、進めています。

桜は、過ぎてしまいましたが、今春、創刊します。(記 水口菜津子)

⇒戻る
[PR]
by oeap | 2008-09-26 04:45 | アートブック編集会議


高速道路建設により変容する京都・西山の風景と関わるアートプロジェクト


by oeap

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

リンク

カテゴリ

全体
美術
音楽
大枝土蔵
誘蛾灯けいかく
大枝風景ノート
みどりの停留所
おおえ博士になろう!
峠の茶屋
アートブック編集会議
ワークショップ
ダンス
OAP実験カフェ
大枝訪問・滞在記
どぞばたキネマ
活動報告
OAP活動一覧

最新の記事

大枝アートプロジェクト2016
at 2017-12-31 23:59
2016年夏 大枝土蔵の手入れ
at 2016-08-21 22:30
2014/7/5〜 誘蛾灯・..
at 2014-07-06 21:15
2013/12/7(散策)大..
at 2013-12-08 16:38
2013/11/2 (散策)..
at 2013-11-05 21:18

フォロー中のブログ

Report 藤浩志企画制作室
みどりの停留所
つちのいえプロジェクト
西小路敏のボイスナビ

最新のトラックバック

はじめまして
from 観光総合ガイド
スクープ!「野豚を追うヤ..
from Report 藤浩志企画制作室

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

アート・デザイン

画像一覧