カテゴリ:活動報告( 43 )

報告|ガリ版合宿 08/05/05〜06 @ガリ版伝承館

b0072947_1304742.jpgAM9:30~井上明彦氏の車にて廣有利佳・中尾香那・山口哲史・水口菜津子が。自転車でジェラルド君が。名古屋から中尾ママ、地元の前田奈央とミッキーがお昼過ぎ、小雨の降るガリ版伝承館に着く。
~12:00~17:00
制作予定のはずが、管理をされている田中さんのご好意により、敷地内にたくさん立ち並ぶ土蔵の鍵が次々開いていく。古き良き日本の豊かなエッセンスにひたひたにつかり、みんなの心は舞い上がる。予定を大幅に変更し、時を忘れ見入ってしまった。

b0072947_2522366.jpg~17:00~22:00
見学のあとはガリ切り組と夕食のカモしめ組に分かれる。本日は前田さんの知り合いの木工職人さんの平尾さんのお宅に御邪魔する。合流したみんなはポテトもち作り(ふかしたジャガイモに片栗粉を混ぜ、その生地でチーズをつつみホットプレートで焼く)を楽しげに作る。自ぇらる道流やらいろいろの形ができあがる。
b0072947_30225.jpg地元のとれたて野菜や地酒。山口君に大きな衝撃を与えた渾身のカモも並ぶ。
☆メニュー☆  
とれたてタケノコと新タマネギの天ぷら(地元産ナタネ油使用)
黒豆と新タマネギとフェンネルのサラダ(オリーブオイル使用)
セロリと春キャベツの炒め物・おにぎり(タケノコご飯・小豆入りもちもち玄米)
ポテトもち(ジャガイモ・チーズ)・カモ肉

素晴らしくおいしいものを食べながら、平尾さんの味のあるお話を聞き、いろいろな形の木の椅子で良いときをゆっくり過ごす。・・・しかし、この日予定の温泉には間に合わない・・
b0072947_3144391.jpg~22:30~2:30~
帰宅途中の蛙の大合唱と冷たい空気がみんなの目を覚ましてしまったよう。今日全く進んでなかったガリ切りを急ピッチで進める。作業は深夜にまでおよんだ。ガリガリ・・・
b0072947_364453.jpg伝承館の管理をされている蒲生公民館長・田中浩さんから、幻のミニ・ガリ版セット「マイプリンター」を永久貸与というかたちで土産に進呈され、大満足のジェラルド君。
田中さんは、地酒も差し入れしてくださるだけでなく、大枝アートプロジェクトのメンバーになって、今後ともいろいろ交流してくださることになった。感謝。
今年のOAPは、人に恵まれている。
b0072947_3275258.jpg7:00~8:00
とてもきれいな青空が広がる。今日は合宿2日目。朝食は伝承館の隣に住む岡田さんにお世話になる。朝から豪華にバイキングになった。
メニュー
ご飯
お味噌汁
黒豆納豆(ドレッシングあえ)
黒豆納豆(黄身・しょうゆ・かつお節・ねぎ)
みぶなとわさびなの浅漬け(ごま)
卵焼き・畑でとてた野菜のサラダ・ハムサラダ・
フルーツのヨーグルトあえ
よもぎ黒酢


お昼は黒豆納豆のかき揚げと梅かつおおにぎり・浅漬けおにぎり。食に恵まれた2日間でした。
b0072947_3585843.jpg~8:30~
メインの制作「みどりの停留所新聞」。昨夜の努力で版はだいたいできあがっていた。色はどうしよう・・表は3色・裏は2色・・時間は足りるかなぁ・・・
b0072947_413361.jpgガリ版経験者の中尾ママと。親子でガリ版!
b0072947_394827.jpg足許に注目。
「この方が力が入りやすい」とのこと。
b0072947_415584.jpg滞在中のジェラルド君は今回のレジデンスでガリ版が上達した。田中さんにマイプリンターや小さなやすりセットをいただき、旅を続けながら制作を試みれるようになった。
今回のみどりの停留所新聞は増版させ、周辺地域・全国のAAF団体に郵送予定。続きはガリガリタイムinレジデンス西小路に引き継がれることになった。
予定していたNO-MAの休館を夕方に聞き、唖然としながらも、片付けに入り、今回の合宿をしめくくることとなった。
b0072947_422297.jpg16:30~
ジェラルド君とお別れ。田中さんと岡田さんも来てくれる。彼は今日中に彦根~名古屋のあたりに行くそう。
b0072947_424561.jpgみ・ど・り・の・停・留・所・♪・♪・♪
b0072947_431273.jpg帰路の途中で先日行けなかった温泉へ行くことに。なにやらまだ何か起きそうな予感を残しながら、ここで合宿の報告を終わることにする。

←戻る

[PR]
by oeap | 2006-01-04 05:05 | 活動報告

報告|ジェラルド君がまたやって来た! 08/04/21〜05/06

b0072947_13024100.gif
←戻る
[PR]
by oeap | 2006-01-04 05:03 | 活動報告

報告|にしやまの音楽会 in 大原野 2008.4.27

b0072947_5533239.jpgお天気にも恵まれ、とても美しいみどりの舞台ができあがりました。大原野神社の境内で始まるにしやまの音楽会in大原野の第一回目。どんな時間が生まれるか今は誰もわかりません。春日乃茶屋さんの久井二三重さんの音楽会を通じた世代間の交流をしたいという熱い想いをおおえ博士のちらしを配りにきた私(水口)が聞いたとき、垣根のない音楽会をしたいと「音の集い」を企画していた照屋夏樹を思い出しました。後日、3人で話したところ企画が固まり、わづか2ヶ月ほどで今日の日を迎えることができました。たくさんの協力者に恵まれ、着々と当日の準備が進んでいきます。
b0072947_6185914.jpg先入の準備隊(奥から久井二三重さん、久井さんの友人、山本さん、手前、廣有利香、照屋夏樹)。ひととおり終えコーヒータイムです。
b0072947_6253958.jpgアンケートや一般参加者のための受付。どのくらい人が訪れるかわかりません。この日用意した部数は50枚。
b0072947_6385864.jpg無事開催の祈願に行きました。パン。パン。2拍手。シャラララン。あら、こんなところにもちらしが。
b0072947_632486.jpgこんなところにも宮司さんが画鋲でとめて掲示していただたようでありがたいことです。
b0072947_643567.jpg演奏者の金有利ちゃん、真隅政大君のリハーサルも一段落。そろそろお昼・・春日乃茶屋さんから筍ご飯のおにぎりの差し入れが!
b0072947_6431627.jpgおいしいぃ!そろそろ本番が近づいてきました・・・
b0072947_6523611.jpg早くからお客さんがくつろいでおられました。
b0072947_6524992.jpg移動花屋さんからかわいい商品をおかりしました。
b0072947_76196.jpgいよいよ音楽会が始まります! !!みどりの停留所もやってきてました!!
b0072947_774971.jpgこんにちは。みなさん。これからにしやまの音楽会が始まります!世代やジャンルを超え、いい音楽会をみなさんとつくりあげたく思います。司会進行は照屋夏樹が笑いあり、語りありで務めました。
b0072947_710343.jpg堂々たる風格漂う有利ちゃんはまだ学部の2回生。以前この場所に立った瞬間にこの場所にとてもなじんでいたのでした。美しく明るい音色は大原野境内中に漂っていました。
b0072947_7131593.jpg
音の集いでも活躍した真隅君。風の音や葉っぱの流れる音に溶け込むようなやわらかな音色でした。
b0072947_7155974.jpgこの場所は普段は誰も目の留めないような奥まったスペース。しかし、音楽家が立つことで素敵な舞台になりました。さりげない舞台(井上明彦作)、不思議な存在感を示すみどりの停留所、手作りな座席や思い思いに工夫して音を楽しむ自然な人々。気が付けば200人以上の人々がこの音楽会に訪れてくれたのでした。感慨いっぱいな気持ちを胸に実現した形の中に新しい音楽会の形をみつけたような日になりました。
b0072947_7264541.jpg和やか顔のいろいろな世代の人たちからたくさん拍手をいただきました。
b0072947_7274057.jpgHi ! Gerald !
睡蓮の池の向こう岸に彼はいました。この日彼が描いた大好きな亀のスケッチが後日レジデンス西小路に飾ってありました。
b0072947_151647.jpgみなさまどうもありがとうございました。次回は5月25日(日)に行います。戻る
[PR]
by oeap | 2006-01-04 04:27 | 活動報告

報告|小畑川散歩 2008.4.25

b0072947_137246.jpg2008年4月25日、地元の西小路敏さんのガイドによる小畑川散歩を、芸大の造形計画受講生総勢20数名で行った。ジェラルド君も参加。

午前11時に始まったツアーは、洛西ニュータウンのラクセーヌから出発し、小畑川の河岸沿いをさかのぼって、老ノ坂垰に近い洛西散策の森まで、約4.5キロを歩く。

ニュータウンのメイン商業施設ラクセーヌが「洛西」と「(パリの)セーヌ川」をかけた合成語とはこの日初めて知った。でも施設が川に背を向けて建てられているので、川の周囲は「裏」となってさびれている、と西小路さん。
b0072947_1433395.jpg小畑川は、旧老ノ坂垰、首塚の南に源流を発し、大枝沓掛、長岡京を経て、大山崎で桂川と合流する。ちょうど計画されている「にそと(第二外環状道路)」とほぼ平行して流れる。

ニュータウン造成のとき、小畑川は、ニュータウン側は川の水と遊べる親水ゾーンを一部に設けられたが、沓掛側は急傾斜の護岸壁で固められた。それまではなだらかな坂で川に降りて遊べたという。
西小路さんの夢は、殺風景な小畑川沿いを「芸術の小径」としてよみがえらせること。
b0072947_155248.jpg境谷大橋の下で。
b0072947_1573078.jpg川沿いの遊歩道は、ところどころベンチが置いてあるが、殺風景で座る気がしない。
川向こうで鳥が悠然と餌をとっている。
b0072947_222044.jpg西山のふもとから芸大の真横を経て小畑川まで、送電線の鉄塔が立ち並んでいる。
学校や居住区の真横に高圧線と鉄塔群、というのは考えてみれば奇妙な光景だが、西小路さんによると、これらは、1970年の大阪万博当時に、万博会場と京都をつなぐものとしてつくられたという。鉄塔群の下の細長い土地は、大枝地区の旧住民から洛西ニュータウンを隠すためにつくられた「グリーンベルト」(上田篤氏の案)。
ニュータウンと国道のあいだに不思議な空白ゾーンが存在する。
b0072947_2194158.jpg国道沿いのパチンコ店の裏。
こういう無愛想なコンクリ壁のせいで、小畑川は「裏のドブ川」のような存在になっている。この壁にプロジェクターで映像を映したい、と西小路さん。
b0072947_2154934.jpg春です。
生きものたちの恋の季節。
b0072947_2165079.jpg春です。
学生たちと打ちとけているジェラルド君。
b0072947_2273946.jpg午後2時前、やっと到着した「洛西散策の森」で、学生たちと話し込む西小路さん。見守るジェラルド君。
国境(くにざかい)として関所もあった大枝には、鬼をめぐるいろいろな伝説や土地開発にまつわる矛盾が集まっている。それらをひとつひとつていねいに掘り起こしていけば、大枝アートプロジェクトのための豊富なモチーフが得られそう。
西小路さん曰く、「学生と話すことが病みつきになりそうだ」。

[PR]
by oeap | 2006-01-04 04:25 | 活動報告

報告|ガリ版ツアー 2008/2/22

b0072947_3291874.jpg▶概要
この日訪れたガリ版伝承館は、JR近江八幡駅からバスで25分ほどの蒲生岡本町にあります。
明治27年にガリ版(=鉄筆謄写版)を発明した堀井新治郎の旧宅を改修して、1998年にガリ版の器材保存と普及の施設として開設されました。
バス停を降りると、立派な洋館が目に飛び込んできます。
訪れたのは、水口菜津子、廣有利佳、井上明彦の三人。ツアーの目的は、ここでガリ版を体験学習して、今後の「大枝新聞」充実をはかること。もちろんほかにもいいアイデアや風物に出会えます。何よりいいお天気でハイキング気分。
b0072947_16261740.jpg入口は洋館のうしろのお屋敷側。
がり版伝承館は現在は蒲生の教育委員会の管轄で、開館は土日のみ。この日は休館日でしたが、事前に連絡して開けていただきました。
b0072947_3295322.jpgわれわれを迎えてくれたのは、蒲生教育分室長の田中浩さん。一般公開されている母屋と洋館の展示室だけでなく、敷地内にある土蔵も次々と案内してくださいました。
写真は母屋の裏の一番大きな土蔵。
b0072947_330397.jpgホリイ製の元祖ガリ版器材だけでなく、各地から集まった器材も保管展示されています。
ガリ版は、堀井新治郎が1893年のシカゴ万博で見たエジソンのミメオグラフが原型。ロウを塗った原紙に鉄筆を走らせてインクが出る穴を開ける孔版の一種です。ゼロックスの普及によって衰退する1970年代までは、日本の印刷文化の担い手でした。いわば手動DTP(デスクトップ・パブリッシング)。くわしくは→
b0072947_331832.jpg蔵の中にはたくさんの印刷見本帳が保管されています。図柄には大正ロマンの香りが漂うものもあります。
b0072947_3315896.jpg憩っているのではありません。ここは伝承館の事務室。刷る作業は土間でするのですが、寒いのでガリ切りには事務室を提供してくださいました。ほっこりしてしまいます。
b0072947_3321148.jpg準備もなしに3人で相談しながら即興でつくったのは、「みどりの停留所お知らせ新聞」。廣がガリ版刷りに初挑戦、ベテラン(?)の水口がフォロー。
なんと100円で使い放題。
b0072947_3322318.jpg3人でそれぞれ版をつくり、3版刷りをめざしましたが、力を入れすぎて、原紙に穴を空けてしまいました。そう、家の部分が穴になっています。
b0072947_333874.jpg堀井家はもと近江商人で、70年以上にわたって謄写版で一世を風靡しました。広大な敷地内に8つの蔵が点在します。
蔵はどれもかたちがちがい、パヴィリヨンのようです。まわりには、湖東ののびのびした田園風景が広がっています。
b0072947_3333584.jpgここをアーティスト・イン・レジデンスにしたら面白いでしょうね、と言うと、田中さんはそのつもりだったと言います。ある蔵はカフェにして、別の蔵は展示室に、母屋で寝泊まりしながら制作する・・・開館当初はそんな計画もあったとか。
たしかにレジデンス向き。静かな環境で地元の人は暖かい。「ガリ版芸術村」の構想もあり、創作する人間にたくさん来てほしいそうです。偶然にもこの春から全国のガリ版ネットワークの新拠点として、器材収集と保管・普及をさらに進めると聞きました。
縁がありそうです。
b0072947_337362.jpg蔵の中には、一部傷んでいるものもありますが、それがまたいい風景になっています。
暖かくなったら、ここを「みどりの停留所」のひとつとして、ガリ版の創作合宿を行いたいと思います。
ありがたいことにガリ版芸術村の岡田文伸さんが、家に泊まってくれていいと誘ってくださいました。(おまけに岡田さんからは手製の黒豆納豆もいただきました。)
b0072947_3341928.jpg蔵の中でみつけた子供用の椅子付き机に座ってみます。机の上にあるのは、ホリイ株式会社製の「マイプリンタ」。蔵の中に大量に眠っていたハガキサイズの印刷機で、なんとあの理想科学のプリントゴッコに先立つ家庭用謄写版。伝承館の田中さんは、われわれに三つも無料で貸し出してくれました。
椅子と机とマイプリンタを合わせれば、大枝の風景のなかでガリ版をつくる「ガリ版停留所」ができそうです。
パソコンでの高速DTPとはちがう、ガリ版のゆったりしたテンポで、大枝の風景はどうとらえられるでしょうか。

結局この日は、朝から夕方までずーっとガリ版伝承館にいたのでした。
[PR]
by oeap | 2006-01-03 02:22 | 活動報告

【ダンスWS vol.2】最終日:野外公演『無声の鎮魂歌』 7/8

b0072947_22503719.jpg公演場所に続く道の途中にあるお店に、チラシを貼らせて頂きました。突然のお願いにも関わらず、みなさん快く承諾して下さいました。
清原農園のおばあちゃんはチラシのみならず案内役までかって出てくれました。さすがに恐縮です。。

b0072947_22543312.jpgぞくぞくとお客さんが集まってきました。予想以上の客入り。 もうすぐ開演です。
しかし案内の不備につぐ不備で、数名のお客さんを迷子にしてしまう羽目に。
開演時間がどんどんずれ込んでいきます。見かねたOAPスタッフがかけずり回ってくれました。申し訳ないです。

b0072947_2301021.jpg30分ずれ込みましたが、無事開演。
衣装は緑の中で映えるように各々が選んできました。
森さんは真っ赤、大藪さんは真っ青です。

大きく息を吸いながら、土を確かめ、風を聴きます。
いつもよりのびやかに… 

b0072947_2365744.jpg乾さんはまっピンクです。
彼女は直前に足を痛めてしまいましたが、遠くのメンバーの動きに影響されたりされなかったり、ただ見つめていたり、という動きを椅子の上で実現しました。
かなり象徴的な立ち位置。

目まぐるしく変わりゆく風景に影響されたりされなかったり、ただ見つめていたり。

b0072947_2314784.jpg一回目の公演終了。
この日集まって下さった方にこの公演の趣旨をお話したり、実際に公演場所を歩いて頂いたり、様々に楽しんで頂きました。
b0072947_2319793.jpg遅れてきた方の為にも二回目の公演をすることに。
しかしタダで二回目はしない!とばかりにお客さんを巻き込むことに決定。
踊りの振りはあってないようなもの。ネタが分かれば誰でも出来るようになっています。
そこで、半ば無理矢理(?)引っ張ってきた3人のお客さんと一緒に踊りました。
しかし3人ともかなりの強者!全体をリードしている場面もありました。
b0072947_2322114.jpg人数が増えると迫力倍増。
変な生き物、大枝に出現。

b0072947_2323777.jpgみんな汗だくになって、草っぱらから生還しました。
飛び入り参加のお客さんからは「かなり楽しい」と嬉しい感想を頂きました。こんな場所で踊るなんて、一生に一度あるかないか。
一年後にはどうなっているか分からないような場所で、偶然出会った相手と、踊りを踊る。

「この場所」と分からなくなるほどに、変貌してしまう道路建設。その動かしようのない現実の上で一つの違和感を残す、という作業。
多くを生むことは出来なかったけれど、小さな波をつくることが出来ました。
様々な場面で協力して頂いた方に感謝を申し上げます。
b0072947_23351974.jpg失われゆく土地の上の、双子の未亡人。


(記 宮田)
[PR]
by oeap | 2006-01-01 19:08 | 活動報告

【ダンスWS vol.2】5日目:組み立て・明日に向けて 7/7

b0072947_1411159.jpgいよいよ明日を本番に迎え、今日は本格的なリハーサルです。
 
まず、今までのワークショップの中で作った動きを抽出し、組み立てていきます。
オープニングは靴を履く「お作法」から始まります。靴との関係は人それぞれ。その関係に対して、思い思いの動きをつくりました。
土を踏む靴。それを履いて動き回る人間。普段何気なく行っている靴を履くという動作を、“陳列”することで不思議な見え方が生まれてきます。
足を痛めてしまった乾さんは、椅子に座って踊ることになりました。すごい存在感です。
b0072947_1473116.jpg次に、デュエットでつくった動きをソロにばらしてみました。ばらばらに見える動きの中から互いの関係性がちらりと見えます。 何も意識していない状態から、意識せざるを得ない状態へ。空間の中に変化が立ち現れてきました。
b0072947_14163350.jpg突然、講師の荻野さんが「柿、収穫してみて」と言いはじめ、一同頭の上に「?」が浮かびました。
この狭い教室で踊っているとついつい忘れてしまいますが、本番はあの広大な元・柿畑。あったはずの柿の木を思い浮かべ、木の感触やにおいを動きに変えていきます。
最初は堅かった動きも、だんだん大胆に。個性的な動きがどんどん生まれていきます。

b0072947_14275910.jpgあすが本番ということもあり、いつもより色々な質問や疑問が荻野さんにぶつけられています。荻野さんは自称・日本語しゃべれない ですが、ジェスチャーや擬音を使って言葉よりも綿密なイメージを伝えようとします。不思議とわかってしまう、荻野マジック。

b0072947_14422174.jpgこの日は途中から公演場所に移動して場当たり(実際の場所を確認しながら踊ること)を行いました。

オープニング。やはり教室より異質なものに見えます。
b0072947_14385359.jpg柿の木が伐採されたところから、木の芽が大きく育っていました。その周りを取り囲むように、デュエットからばらしたソロを踊ります。ちらりちらりとリンクしていく体。
b0072947_14552016.jpgそこに存在したはずの柿の木。

見えないものを見る。
b0072947_14561273.jpgそれを見つめる二人の女。

この日はかなり延長して、リハーサルを行いました。みんなへろへろです。
明日、天気予報は雨。メンバー全員の力を出して、企画者宮田の雨女説に打ち勝ってもらいましょう。
(記・宮田)
[PR]
by oeap | 2006-01-01 19:07 | 活動報告

【ダンスWS vol.2】4日目:おまけ・ピクニック 6/30

b0072947_23362077.jpg6/30
今日はリハーサルという名のピクニックです。いや、ピクニックという名のリハーサルです。
実際の公演場所へ全員で出向きました。
企画者宮田、ここで愕然とします。
つい1ヶ月前訪れたときは、土ばかりの空き地だったにも関わらず、この鬱蒼とした土地。驚くべきスピードで雑草が育っていました。柿の木の切り株には新芽が芽吹き、さながらもののけ姫のラストシーン。
b0072947_23411328.jpgまぁ、何はともあれリハーサルだ!!ということで一度全員で動いてみることに。
しかし、草に足を取られ、視線がどうしても下にむいてしまう…刈りますか…刈りましょう。ということで本番までに草刈りをすることに。
前途多難です。
b0072947_2345291.jpgやはり屋外で動くのは予想以上に体力が消耗されます。メンバー全員休憩。
ビスケットやぶどうなど思い思いのオヤツを片手に、動いてみた感想を言い合います。
b0072947_23483535.jpg草むらの中にサングラスと日傘のご婦人が佇む。うーん、良い。
(記 宮田)


5日目の報告を見る:7/7(土)「組み立て」「明日に向けて」
[PR]
by oeap | 2006-01-01 18:30 | 活動報告

【ダンスWS vol.2】3日目:共有すること・またはしないこと 6/23

b0072947_23251224.jpg6/23 
今日は大学会館の地下で「空間に自分を配置」しました。雑然とした物置状態の空間の中から、自分なりのセンテンスを見いだして次々と「配置」していきます。配置がうまくいかないときは、誰かをどかして、納得いくまで「配置」を続けます。
b0072947_23303584.jpg本番まで二週間、だんだん真剣になるメンバーたち。
b0072947_23315364.jpg形はできあがってきたのでしょうか。
先週までは「動き」のみで構成されていたのが、今回より「空間」を意識することで、動きの上でも変化が現れてきました。


4日目の報告を見る:6/30(土)「おまけ・ピクニック」
[PR]
by oeap | 2006-01-01 18:23 | 活動報告

【ダンスWS vol.2】2日目:トレーシング2・お作法 6/16

ただ今編集中ですしばらくお待ち下さい。


雪乃ちゃんへ

この日の活動報告は??




[PR]
by oeap | 2006-01-01 18:16 | 活動報告


高速道路建設により変容する京都・西山の風景と関わるアートプロジェクト


by oeap

プロフィールを見る
画像一覧

リンク

カテゴリ

全体
美術
音楽
大枝土蔵
誘蛾灯けいかく
大枝風景ノート
みどりの停留所
おおえ博士になろう!
峠の茶屋
アートブック編集会議
ワークショップ
ダンス
OAP実験カフェ
大枝訪問・滞在記
どぞばたキネマ
活動報告
OAP活動一覧

最新の記事

大枝アートプロジェクト2016
at 2017-12-31 23:59
2016年夏 大枝土蔵の手入れ
at 2016-08-21 22:30
2014/7/5〜 誘蛾灯・..
at 2014-07-06 21:15
2013/12/7(散策)大..
at 2013-12-08 16:38
2013/11/2 (散策)..
at 2013-11-05 21:18

フォロー中のブログ

Report 藤浩志企画制作室
みどりの停留所
つちのいえプロジェクト
西小路敏のボイスナビ

最新のトラックバック

はじめまして
from 観光総合ガイド
スクープ!「野豚を追うヤ..
from Report 藤浩志企画制作室

検索

その他のジャンル

ブログジャンル

アート・デザイン

画像一覧